05年4月つくばでの新生活が始まりました。訪れたお店、見たい映画、読んだ本などを順次紹介していきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kos島へ向かう飛行機を、わざと夕方の便でとっておいたので、わずかながらアテネの街を見ることができました。空港からの道のりと違って、アテネの街は以前来たときとまったく変わらない風景を見ることができました。まあ、何千年も前の遺跡が残るこの街が、数年で大きく変わることもないのでしょうけれども・・・

どこに向かおうか迷いましたが、やはりパルテノン宮殿があるアクロポリスに向かうことにしました。以前ギリシャに来ようと思ったのも、アクロポリスに行きたくて決意したくらいですから・・・。

入場料が12ユーロとあり、高いなと思いつつ、ここで躊躇してもしょうがないので購入。歴史的遺産保存のためには仕方がないと自分で納得したりしていました。(ちなみに今回は6年前のガイドブックをそのままもってきているのですが、そこには6ユーロとなっています。まだこの頃はユーロとドラクマが併記されているのも時代を感じますね)

以前来たときそうでしたが、パルテノン神殿やその前門は常に改修工事中です。6年たってもあまり変化しているようにみえないので、サクラダ・ファミリアとどっちが先におわるのか見ものという感じです。ですから、間近で見るとその工事の様子で意外に興ざめしそうになります。そうした中で僕のお気に入りは、むしろのその反対側にあるエレクティオンと呼ばれる女性柱です。オリジナルは公害から守るために博物館の中にあるのですが、アテネの街並みを背景に立つこの像は、やっぱり神聖な雰囲気をかもし出していて、お気に入りの場所です。

Erechtheion.jpg


アクロポリスを離れ、ひたすらアテネ市内を徘徊。旅行に行くと、当てもなく歩き回りながら、土地勘をつかんでいくのが好きです。まあ、夜はクタクタですが・・・。でも、何気なくぶらついたのは今回かなり良かったです。あまり考えずにアクロポリスに着た時とは反対のルートで歩き始め、なかば道に迷いそうになりながらふらふらとしたのですが、そのおかげで個人的な物語を復活させることができました。以前に借りたレンタカー会社、以前に入ったレストラン(タベルナ)、今使っている革のかばんを買ったお店。そんな場所にどんどん出くわすのです。アムステルダムの空港のCaféではないですが、むかし行った店がまだそのまま残って再訪できるというのは、以前に読んだお気に入りの本を読み返しているようで、非常に楽しいものです。

そんな感じで気持ちを満足させながら、Kos島へ向かいました。Kos島までの道のりは明日にでも・・・
スポンサーサイト

【2007/06/17 18:01】 | 日記
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。