05年4月つくばでの新生活が始まりました。訪れたお店、見たい映画、読んだ本などを順次紹介していきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月6日。うちの子の誕生日です

birthday.jpg

はやかったような、やっとここまで来たような・・・。なんにしてもおめでたいです。

そういう訳で祖父母のうちでお誕生会。ケーキを準備して、みんなで息子に「ろうそうくふぅ~して」と言っていたら、なんとうまく吹き消すことができました。去年は見てるだけでしたからね~一年間で大きな進歩です。

誕生日プレゼントの三輪車をもらい、調子に乗ったのか、かなり祖父母にサービスしていたような気がします

そもそも最近言葉がさらに増えてきて、とにかく常に何か喋っています。女の子のようです。でも、あれだけしゃべってくれると祖父母もかなり満足。なかなか甘え上手な我が息子は、ここぞという時に特に祖父に「ねえねえ、・・・だよ~」とか話しかけ、満面の笑みを浮かべます。この魔性の笑顔で場を和ませます。これってわかってやっているのか

我々が勝手にかわいく思ってしまうから・・・と言ってしまえばそれまでですが、最近息子の「心の理論」の発達に結構驚いたりもしているのです。

心の理論、即ち他者の心を理解する能力ってどうやって身につけていくのでしょうかね?有名な「サリーとアン課題」をクリアするのは4歳と言われています。しかし、単に相手の心を類推することは、もっと早くからできるようです。

今日の保育園の日誌にも「お友達が泣いていると、行ってあげて『ん、どーしたの?』となでなでしてあげていました」と書かれていました。早く、お父さんとお母さんの気持ちもわかって~と思いつつも、こどもの成長ってすごいなあ~と感心したりもします。このあたりの研究って発達心理学でもいまホットな問題らしいです。僕も自分の子を研究材料に考えてみます。。。




スポンサーサイト

【2011/02/06 22:19】 | 日記
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。