05年4月つくばでの新生活が始まりました。訪れたお店、見たい映画、読んだ本などを順次紹介していきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遅ればせながら、5月30日に新宿の小笠原伯爵邸にて結婚式・披露宴を開かせていただきました。足を運んでくださった皆様、本当にありがとうございます。

ogasawara

昨年結婚式の日にちを決めた頃は、この時期がお互いにとってスケジュール的にゆとりがあるということで決めたのですが、妻は出産・育児におわれ、僕も今年度は新しい二科目の講義におわれ、結局一番ばたついている時期に開催となりました

当日朝は雨がまだ降っており、レストランのパティオや中庭を使う予定でいた僕らとしてはドキドキしながらの会場入りでした ところが準備をはじめてしばらくたつと、さっと雨がやみ、結婚式は中庭でやることに決定 来客のどなたかが、強い晴れ男か晴れ女だったということでしょうか

さて、いざ準備が始まると後はなされるがままです。進行役の方に言われるがままに結婚式・披露宴と進んでいきました。

とはいっても、今回は前菜とデザートをピンチョススタイルと立食形式としたので、来ていただいた方々ともいろいろお話しできたのは嬉しかったです。

スピーチは僕の大学時代の恩師と上司、彼女の上司と友人の方々にお願いしました。
妻は大学時代の後輩なので、僕の恩師を知っているし、彼女の友人を僕も知っています。
どんなスピーチをしてもらえるか、実は僕らはこれが一番楽しみでした

個性的な大学時代の恩師は、岡潔先生の話や研究の考え方などを話してくださり、来賓に多かった研究者の友人にとても好評でした。以前スピーチを伺った時もそうでしたが、いつも本当に印象に残るスピーチをしてくれます。

彼女の友人たち(僕の後輩でもあります)は、僕も見たことのない写真をスライドにしてくれて、僕らの学生時代の話も交えて、とても楽しいスピーチをしてくれました。その友人たちは通称ゴレンジャーと言っているのですが、しばらくは僕の同僚たちの間でも名前のインパクトから話題になりました 実は結婚式の準備の際に担当の人と話している時も、しばしば僕がゴレンジャーという言葉をこぼしたりしていたので、「えっ、ゴレンジャーが来るんですか」と驚かれたものです。

そんなこんなであっという間に、披露宴が終わりました。緊張もあったのか、終わる頃には二人とも結構疲れていました。


そのあとは銀座のレストラン ラ・ベルデ銀座で二次会。披露宴に呼べなかった友人総勢80人ほどに来てもらいました。披露宴に出席してくれた友人たちも随分出席してくれて、とても嬉しかったです。こちらはかなりの人がいたので、一人一人と十分にはお話ができなかったのですが、本当に久しぶりに会えた友人がいたり、僕のゼミの学生が出し物をしてくれたりと楽しいパーティーでした。緊張もなく、エンジョイできました・・・。最後の方で、花嫁へのサプレイズで用意したプレゼントの息子を主役にした絵本が意外に効いたらしく、それを受け取った時の妻の様子は、彼女の友人たちからも好評でした(涙を見せる印象があまりないみたいですね・・・

最後には銀座の夜景をバックに記念撮影。あっという間の一日でしたが、記念になる一日となってよかったです

来ていただいた皆様、披露宴とパーティーにご協力頂いた皆様、本当にありがとうございました。

スポンサーサイト

【2009/05/30 23:07】 | 日記
トラックバック(0) |

素敵な結婚式でした
snowvitz
5月30日の様子が素晴らしく的確に書かれていてびっくりです。
結婚式の1日って、もっとバーーーーっと終わっていく印象しか私にはありません。。

とっても素敵な、お二人らしい結婚式だったと思います。
幸せを分けてもらったような気持ちです。

奥様のお母様が、「いつも○○(奥様のお名前)を大切にしてくれてありがとう」とゴレにおっしゃっていたのに個人的にすごく感動していました。

そうだ!村上春樹の新書おととい入手しました。しばらく楽しめそうです。(読む時間あるかな・・・)

ありがとうございました
管理人
snowvitzさん、当日は1日おつき合いいただいて、本当にありがとうございましたi-179

式が始まる前に、リハーサルや写真撮影などもあったのですが、すでにそれでバテ始めていてe-330、どうなることかと思っていました。でもそのあとは本当にあっという間にすぎた感じでしたよ。

お義父さんもお義母さんも、みなさんが徳島に来られたときのことをずっと覚えていて、時々お話にも出てきますi-194。だから久しぶりにゴレメンバーに会えて、懐かしくも思っていたと思いますよ。 

村上春樹の新作、やっとBOOK 1を読了しました。車通勤だと読む時間がとれないものですが、早起きとかして読んでいる自分が怖いですi-278



コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
素敵な結婚式でした
5月30日の様子が素晴らしく的確に書かれていてびっくりです。
結婚式の1日って、もっとバーーーーっと終わっていく印象しか私にはありません。。

とっても素敵な、お二人らしい結婚式だったと思います。
幸せを分けてもらったような気持ちです。

奥様のお母様が、「いつも○○(奥様のお名前)を大切にしてくれてありがとう」とゴレにおっしゃっていたのに個人的にすごく感動していました。

そうだ!村上春樹の新書おととい入手しました。しばらく楽しめそうです。(読む時間あるかな・・・)
2009/06/18(Thu) 20:43 | URL  | snowvitz #HJ0Q1clw[ 編集]
ありがとうございました
snowvitzさん、当日は1日おつき合いいただいて、本当にありがとうございましたi-179

式が始まる前に、リハーサルや写真撮影などもあったのですが、すでにそれでバテ始めていてe-330、どうなることかと思っていました。でもそのあとは本当にあっという間にすぎた感じでしたよ。

お義父さんもお義母さんも、みなさんが徳島に来られたときのことをずっと覚えていて、時々お話にも出てきますi-194。だから久しぶりにゴレメンバーに会えて、懐かしくも思っていたと思いますよ。 

村上春樹の新作、やっとBOOK 1を読了しました。車通勤だと読む時間がとれないものですが、早起きとかして読んでいる自分が怖いですi-278

2009/06/21(Sun) 08:16 | URL  | 管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。