05年4月つくばでの新生活が始まりました。訪れたお店、見たい映画、読んだ本などを順次紹介していきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々のブログ更新です。もはやだれも読んでいないだろう,このブログ。自分の備忘録のために書き留めます。

村上春樹さんの「走ることについて語るときに僕の語ること」を読みました。本人はこの本はメモワールであると言っています。


走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫)走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫)
(2010/06/10)
村上 春樹

商品詳細を見る


村上さん好きの僕ですが,僕はランナーでなかったこともあり,この本は今まで読んでいませんでした.まだランナーというにはおこがましいけれども,最近継続的には走るようにして,4月にはフルマラソン,5月にはハーフマラソンにも出場したことから,読んでみようと思ったわけです.

この本は,ランナーとしての村上さんが,どのようなことも思い走り続けているかということが,村上さんの人生観,小説家として書き続けること,そして自身の老いなどへの考え方,思い,哲学が書かれています.

小説ほど芸術的ではないですが,研究論文を書き続けるということとかなり似た部分があるなあと感じました.特に最終章で

「個々のタイムも順位も,見かけも,人がどのように評価するかも,すべてあくまで副次的なことでしかない。僕の様なランナーにとってまず重要なことは,ひとつひとつのゴールを自分の脚で確実に走り抜けていくことだ。尽くすべき力は尽くした,耐えるべきは耐えたと自分なりに納得することである。そこにある失敗や喜びから,具体的な―どんな些細なことでもいいから,なるべく具体的な―教訓を学び取っていくことである。」(p.253)

とかかれているのは,そうだよな~と妙にしっくりしたのを覚えています。


それにしてもそのための努力は半端ないです。ニューヨークシティーマラソンに出る前の村上さんは一か月で300km以上走っています。

僕はまだ初心者ランナーで,練習したらばその分だけタイムが伸びます。多分一番楽しい時期です。その時期を超え,練習してもタイムが伸びなくなる地点まで来たときに,ひとつまたマラソンの良さを知れる気がします。まずがそこに向けて走ってみようと思っています。



スポンサーサイト

FC2blog テーマ:生きることは学ぶこと - ジャンル:ライフ

【2013/06/02 10:41】 |
トラックバック(0) |
絵を買いました。きちんとした絵を買ったのははじめてかもです。

同僚の研究室に一枚の絵が貼ってあり一目ぼれ。これいいですね~と話していたのが一年前。
dance2.jpg

最初に見せてもらった絵を一番気に入ってしまい、購入できるサイトを聞いたもののの、どの絵を選んだらよいか迷っていました。久しぶりにそのサイトを覗いてみると、自然に欲しい絵が決まり即決。以下の絵を買いました。

trolley.jpg

研究室の雰囲気ががらっと変わりました。明るくて陽気になりいいですね~仕事がはかどりそう。バリバリ仕事します。

【2011/11/17 13:41】 | 日記
トラックバック(0) |

承認待ちコメント
-


コメントを閉じる▲
九月に入ってから講義も始まり、猛烈に忙しくってブログ更新が滞っていました。来週末にもう一仕事ありますが、準備の必要のない仕事なので、今日でかなり気が楽になりました。

最近忙しかった理由は・・・共同研究で来週末の学会で発表する論文の証明にてこずったことですかね~やっぱり。とってもシンプルなモデルなので、均衡解の特徴づけの証明を行っているのですぐ終わると思いきや、次から次へと襲ってくる山。シンプルな中に深みがあるのかもしれませんが、なかなかしぶといです。その論文の説明に本日はW大学へセミナーへ。こちらの意図は伝えられたのは良かったです。


最近購入した本。行きたかったサヴィニャックの展覧会。結局いけなかったので、作品集を購入。


サヴィニャックポスターA‐ZサヴィニャックポスターA‐Z
(2007/11)
レイモン サヴィニャック、小柳 帝 他

商品詳細を見る


それで届いたのがこの本。A-Zを書き出しに、彼の思想が述べられています。O(Oeil)「大切なのは、人目を引くことではなく、とんでもない誤りをしないことである。」ポスターのことだけではないですよね。


話は戻りますが、今日行ったW大学の政経学部は最近華やかな話が多いらしい。
僕のセミナーの幹事をしてくださったF先生のゼミ生には、ミス・インターナショナルの日本代表の候補がいるらしい。

加えて同じ政経学部にはAKBのメンバーもいるとのこと。ただ、F先生はまだ講義で見かけたことはないと言っていました。

【2011/10/21 01:04】 | 日記
トラックバック(0) |
たまたま書店に並べられていて、目に付いて購入した本。

奇跡の教室 エチ先生と『銀の匙』の子どもたち奇跡の教室 エチ先生と『銀の匙』の子どもたち
(2010/11/29)
伊藤 氏貴

商品詳細を見る

学生時代塾講師のアルバイトをしていて、国語を教えたこともあり、スロウ・リーディングは取り入れようと思いながらも、なかなか実践できず。教師の高い技量が要求されるような気がします。

自分が小学生のとき当時通っていた塾の先生が「銀河鉄道の夜」でそれを実行していました。いま思い出してもすごいなあと思います。

大学の講義も一緒なのかもしれませんね。詰め込んで試験に通って忘れられるくらいならば、ひとつのテーマを学期を通して突き詰めたほうが、卒業しても頭に残りますよね。

【2011/08/31 07:12】 |
トラックバック(0) |
徳島から妻の両親がつくばにやってきました!!
半年振りに会う孫と遊べるところへ・・・というご希望のお言葉に甘えて、東京ディズニーシーとアンパンマンミュージアムにお付き合いいただきました。

あいにくの雨でも、さすがディズニーリゾート。すごい賑わいでした。そんな賑わいに最初は興奮していたうちの子も、結構早めに御就寝。「二人で遊んできたら?」という両親の優しいお言葉に妻と二人で久しぶりのシーをエンジョイしてしまいました。

次の日には、アンパンミュージアムへ。平日の朝ということでそれほど混んではいないだろうと思いきや、アンパンマンの人気はカレンダーとは無関係。朝から入場に列ができていました。

中に入ってみると納得。アンパンマン好きの子供にはたまらないアンパンマンワールドが広がっていました。子供の手に届くところに広がる世界は、うちの子も大興奮。

anpanman.jpg


三階建てのミュージアムの各階をじっくりと堪能しながら、ひとつずつ階を降りていっていました。

外に出るとジャムおじさんのパン工場で、アンパンマンキャラクターのパンを販売。なかなか商売上手なジャムおじさん。さまざまな味と形のパンを見事に作り出していました。

これはまた連れて行くことになりそうです。


【2011/08/22 07:12】 | 日記
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。